障がいがあってもなくても、
お出かけしよう!

UNIQUS(ウニクス)

障がい者目線のバリアフリー情報をお届け

UNIQUSは障がい者目線のバリアフリー情報、そしてあえて”バリアフリーでない”こともご紹介しています。
障がいがあってもなくても、気軽にお出かけを楽しめる

barrier_free

イベント

  • もっとみる

    コラム

    医療的ケア児支援法成立

    こんにちは。UNIQUS@事務局です。 胃ろうやたんの吸引、人工呼吸器など、医療的ケアが日常的に必要な子ども(医療的ケア児)とその家族を支援するため、国や自治体に必要な対応を求める「医療的ケア児支援法」が、6月11日の参議院本会議で可決・成立されました。 今までは、登校に保護者の付き添いが必要であったり、保育所での預かりができないといった課題が問題視されていました。 成立した法律は、住んでいる地域に限らず適切な支援が得られることを基本理念に位置づけ、努力義務とされていた支援が国や自治体の責務であるとし、必要な対応を求めています。 こういった「医療的ケア児」は、増加傾向にあり、現在全国で約2万人(厚労省調べ)いるとされています。しかし、従来の法律ではケアや見守りを行う看護師や保育スタッフの配置、環境整備に必要なコストを賄えませんでした。 法律の成立をきっかけに具体的な支援の充実が広がることを願います。

    コラム.11

                   

    ベビーカーマークとは

    こんにちは。UNIQUS@事務局です。
    皆様はベビーカーマークをご存じでしょうか?

    ・ベビーカーマーク
    ベビーカー使用者が安心して利用できる場所や設備(エレベーター、鉄道やバスの車両スペース等)を表しています。
    ・ベビーカー使用禁止マーク
    ベビーカーの使用を禁止する場所や設備(エスカレーター等)を表しています。

    ベビーカーマークのあるところでは、折りたたまずに乗車ができます。周囲の方は使用者には温かい言葉で接してあげましょう。バスの乗降、階段などでは積極的に手助けしてあげましょう。
    ベビーカーの使用には周囲にお気を付けてお使いください。困っている場合は遠慮せず、周囲の手を借りるようにしましょう。

    引用元:ベビーカーマークについてのお知らせ(国土交通省)

    コラム.10

                   

    LGBTとは?

    こんにちは。UNIQUS@事務局です。
    LGBTとはなんでしょうか?

    ・Lesbian(レズビアン)
    女性の同性愛者
    ・Gay(ゲイ)
    男性の同性愛者
    ・Bisexual(バイセクシャル)
    両性愛者(異性、同性問わず恋愛対象)
    ・Transgender(トランスジェンダー)
    心の性と身体の性が一致せず、違和感を持つ人。

    またこれらに以下の三つを合わせて「LGBTQIA」と呼ぶこともあります。
    ・Questioning(クエスチョニング)
    自分の性が決まっていない人。
    ・Intersex(インターセックス)
    ・生まれつき男女双方の身体的特徴がある人。
    ・Asexual(アセクシュアル)
    性別を問わず、恋愛感情や性的欲求の無い人。無性愛者。

    電通ダイバーシティ・ラボの6万人えお対象にした調査によると日本ではLGBTと認識している人の割合が8.9%(20~59歳)いるそうです。人口に換算すると約590万人もの人が居ることになります。
    しかし一部の市区町村を除き、日本では具体的な法制化はされておらず、いじめや差別、偏見が多いのも現状です。

    これらにより、カミングアウトをするのもハードルが高いのが現状です。
    日本労働組合総連合会が実施した「LGBTに関する職場の意識調査」では、職場で上司や同僚、部下がLGBTだったら嫌だと答えた人は3割半ば、実に3人に1人は嫌だと感じる追う結果が出ています。また抵抗を感じるのは、女性より男性、若い世代より上の世代の人に多いようです。
    *「LGBTに関する職場の意識調査」(日本労働組合総連合会・2016)

    性的指向にとわず、住みやすい世の中になることを願っています。

    コラム.09

                   
    もっとみる

    お知らせ

    もっとみる